ブライトピュア ビューティースキンクリームとインパッチ!
シミ消し効果を試してみた!

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,

 

いつの間にかこんなにシミが!!

 

気づかぬうちに、増えているシミ・そばかす・肝班…

 

アラフォーにもなると、それなりに肌の悩みも出てくるわけで、念入りにUVケアをしていても、やっぱりシミは出来てしまう…

 

化粧品選びでも「美白」とか「シミ消し」といったキーワードに敏感に反応してしまうお年頃です。

 

シミ消し、美白に効果があるとされる化粧品は多々ありますが、どれも一時的には消えてもまた出来てしまったり、お肌に刺激が強かったりと中々続きませんでした。

 

そんな中で知ったのが『ブライトピュア』のホワイトニングセット。

 

 

普通の美白化粧品である「ビューティースキンクリーム」と、

 

話題のヒアルロン酸パッチである「インパッチ」の組み合わせ。

 

美白クリームだけでなく、パッチとの組み合わせって面白いですよね!

 

最近、化粧品成分に関する本をよく読んでいでいたので、成分についてもしっかり調べ、「これなら!」と思ったので購入してみました!

 

ブライトピュアの使用感や効果の口コミ評価
そして、成分についても調べたことをご紹介します!!

 

ブライトピュア ホワイトニングセット
ビューティースキンクリーム&インパッチ

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
ブライトピュアのホワイトニングセットは、「ビューティースキンクリーム」と「インパッチ」のセットです。
シミ消しの美白化粧品で、クリームとパッチの組み合わせって今までに無かったんじゃないでしょうか。

 

それぞれについて紹介していきたいと思います。

 

ブライトピュア ビューティースキンクリーム

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
ブライトピュア ビューティースキンクリームは、シミのもととなるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐホワイトニングクリーム。

 

夜のスキンケアの最後に加えるクリームです。
シミが気になる部分へのピンポイント使いも出来るし、顔全体に塗ってくすみケアも出来る万能選手。

 

また、顔だけでなく手や足など体全体のシミケアに使えるそうです。
ただ、容量が30gとそこまで多くないので、贅沢使いは人を選びますね(^_^;;

 

全16種類の美容成分配合。
中でも「美白有効成分」とされるのは、
・グリチルリチン酸ジカリウム
・水溶性プラセンタエキス

 

この2つです。
また、個人的に注目しているのが
・アーティチョークエキス

 

このアーティチョークエキスには、遺伝子の転写因子である「NF‐κB」(エヌエフカッパービー)という因子の働きを抑える効果があるそうです。
NF‐κBは、炎症などの際、異常に活性化されてしまい、その結果、癌やリウマチ、アトピー性皮膚炎などにつながるとされ、現在世界中で、NF-κBの抑制剤開発がなされています。
日本の一丸ファルコスという化粧品原料の会社が、そのNF‐κBの働きを抑えるのにアーティチョークのエキスが有効であることを発見し、いま化粧品業界で大注目されているんだそうです!

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、化粧品だけでなくシャンプーから石鹸からボディクリームなどなど、あらゆるスキンケアに配合されている実績のある抗炎症成分です。

 

水溶性プラセンタエキスは、お肌の細胞の生まれ変わりを促して、シミに溜まったメラニン色素も排出し美肌に近づけてくれます。
どちらも化粧品やスキンケアでの実績があり、安心して使える成分です!

 

ブライトピュア ビューティースキンクリームの使用感

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
ブライトピュアのビューティースキンクリーム

 

コクのあるリッチなクリームでありながら、べとつきが全くないので、とても使いやすいです。

 

シミへのピンポイント使いだけでなく、全顔にもスーッと伸びるので快適に使えます。

 

私は最初は全顔に薄く伸ばしてから、気になる部分にだけ重ね付けをしていました。

 

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
クリームらしく保湿力はしっかりありますが、ベタつきなどはありません。
ただ、しっかり浸透させても「膜を張ってる感」はしばらく残りますね。
別に不快では無いですけども。

 

基本的に夜に使うナイトケアクリームなんですが、私の場合は日中でも美白ケアをしたかったので、朝のスキンケア後にも化粧下地のように使ってみました。
すると、これが非常にいい感じで、ファンデーションも崩れないし、クーラーの効いた室内でも乾燥することなく夕方までメイクが崩れませんでした。

 

ただ、UVカットなどはありませんので、日焼け止めはしっかり塗る必要はあります。
もともと化粧下地じゃないので、そこまで期待するのは間違いですね(^^;;;

 

出来てしまったシミはそう簡単に消えないものとは思っていますが、インパッチと合わせて1週間くらいで
「何となく薄くなったかな?」
という実感はありました!

 

また、それ以上に肌質が全体的にもちもちになって化粧ノリがものすごく良くなったので、お気に入りのクリームになりました!

 

ブライトピュア インパッチ

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
ブライトピュア インパッチは、最近流行りの「ヒアルロン酸パッチ」です。

 

ビューティースキンクリームと合わせて、このインパッチで肌の角質層にヒアルロン酸を送り届け、肌の中を潤いで満たして細胞を活性化せてあげるのが役割。
このヒアルロン酸パッチ自体は別の製薬会社が開発し、グッドデザイン賞も受けたもので、それを美白ケアに応用したのが、このブライトピュア インパッチです。

 

ヒアルロン酸化粧品は浸透しない?

ヒアルロン酸というのは、肌の奥の真皮層にあって大量の水分を抱え込み、肌の弾力を保っている成分です。
人間の身体は水で出来ていると言われますが、肌というのは身体の表面だけあって水が蒸発して乾いてしまいやすい部位。

 

そこで、化粧品でヒアルロン酸を補って肌を潤してあげるわけですが、
ヒアルロン酸は肌に塗っても浸透できません。

 

何故なら、肌には角質層というバリアがあり、水分を含んで大きな分子になったヒアルロン酸は、角質層のバリアを通り抜けられないからです。

 

化粧品に含まれるヒアルロン酸というのは、角質層に浸透するのではなく、角質層の上で潤しいのバリアを張るために配合されています。

 

ヒアルロン酸パッチなら角質層を突き抜ける

化粧品に含まれるヒアルロン酸が肌の角質層を通過できないという問題をクリアしたのが、ヒアルロン酸パッチ。

 

肌に直接貼り付けるパッチの表面には、ヒアルロン酸を個体化した非常に小さな針があって、この針が角質層に突き刺さって奥まで到達し、そこでヒアルロン酸が溶け出すことで、これまでの化粧品では不可能だった肌の奥までヒアルロン酸を送り届けられるという訳です。

 

肌が乾燥してしまうと、肌の細胞も元気が無くなってきて、正常に生まれ変わっていけなくなります。
すると、肌にたまったメラニン色素がいつまでも抜けずに、シミとして沈着してしまうんですね。

 

ブライトピュアのインパッチは、肌の奥にまでヒアルロン酸の潤いを届け、細胞を元気にしてターンオーバーを活性化し、シミにたまったメラニン色素も排出を促すという仕組みです。

 

ブライトピュア インパッチ使ってみた

ブライトピュアのインパッチ

 

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
パッチの大きさはピップエレキバンくらいのもので、こちらをシミが気になる部分に貼り付けます。

 

なお、パッチは一袋に2枚はいっていますが、1枚ずつケースに入っています。
ケースを開けたままの保管は出来ないので、一箇所だけ使いたい場合は、ケースも1枚だけ空けるようにしましょう。

 

貼り付けると、結構チクッとします!

 

ただ、痛みは一瞬ですぐに慣れます。
耐えられない痛みではないと思います!

 

インパッチを貼り付けたら、約5時間かけてヒアルロン酸の針が溶けていくということなので、5時間は剥がせません。

 

だから、寝る前の使用が推奨されていますね。

 

それでなくとも、人間の肌の生まれ変わりが一番進むのは睡眠中ですから、その睡眠中にお肌の細胞にしっかり潤いを届けてあげることが有効なんですね。

 

なお、インパッチは夜のスキンケアが一通り終わったあとに使用します。

 

つまり、ビューティースキンクリームをしっかり塗り込んだあとに、さらにシミの部分にインパッチを貼り付けるということ。
このとき、インパッチだけでなくビューティースキンクリームの成分も肌の奥にしっかり浸透してくれるそうです。

 

これは効く気がしますね〜〜

 

翌朝はがしてみると、インパッチを貼った部分が明らかにふっくらしています!

 

美容外科でのヒアルロン酸注射みたいなもんですから、そこだけリフトアップされるのも当然ですかね

 

ビューティースキンクリームと合わせてインパッチも3日連続で使ってみたら、
一番目立っていたシミも薄くなりました!

 

ただ、最初に集中使用したら、その後はインパッチは週1回程度が良いとのことなので、やっぱり継続が大事ですね!

 

ブライトピュア ビューティースキンクリーム&インパッチを3ヶ月使ってみた結果

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,

 

ブライトピュアのホワイトニングセット
ビューティースキンクリームとインパッチをセットで定期購入し、3ヶ月間使ってみました!

 

とりあえず、
インパッチを貼っていた一番目立っていたシミはキレイに消えました!!

 

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
これは感動!

 

これが消えてくれたことで、目立つシミはなくなったので、後は細かいシミをインパッチで退治していきたいと思います。
ビューティースキンクリームの方も、顔全体のくすみが取れて明るくトーンアップしたような感じがあるので、良かったです。

 

ビューティースキンクリームは朝のスキンケアでも使えるので重宝しています。
インパッチは、一番消したいシミが消えたら、継続しなくてもいいかなと思ってます。

 

ブライトピュアの定期購入は回数縛りがないし、ビューティースキンクリームとインパッチどちらかだけにも出来るので便利ですよ。

 

シミに悩んでいた方にはぜひオススメしたいです!

 

※あくまでも個人の感想です。
効果を保証するものではありませんのでご了承ください。

 

ヒアルロン酸パッチは持続力なし?
ブライトピュア インパッチの使い方

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,

 

美容整形外科での高額なヒアルロン酸注射を、化粧品で手軽にできるという事で一気に広まったヒアルロン酸パッチ。

 

ブライトピュア インパッチも、そのヒアルロン酸パッチの一種ですが、ヒアルロン酸パッチの効果自体には疑問符がついています。

 

ブライトピュア以外のヒアルロン酸パッチは、ヒアルロン酸注射と同じような「シワ消し・たるみのリフトアップ」などの効果を謳った商品が多いのです。
シワやたるみは肌の弾力不足ですから、その部分にヒアルロン酸を注入して弾力をよみがえらせるのがヒアルロン酸注射

 

パッチでも同じ効果が得られるはずですが、その持続力は注射とは比べ物にならないほど短いのです。
美容整形大手の高須クリニックの医師も、その点を指摘しています。

 

「刺すヒアルロン酸パッチ」について調べてみたところ、ヒアルロン酸の針の長さは0.2ミリくらいとのこと。表皮の厚みは約0.2?0.3ミリなので、パッチでヒアルロン酸が浸透するのは、表皮にある角質層になるでしょう。角質層は、繰り返される皮膚の新陳代謝で剥がれ落ちる部分。そのため、ヒアルロン酸が角質層内に残っている間は、ヒアルロン酸の保湿効果でそれなりにみずみずしさが得られると思いますが、すぐに流れ落ち、元の状態に戻ってしまうと考えられます。持続期間は、持って半日ほどではないでしょうか? もし美容整形のように、ある程度の期間、効果を持続させたいのであれば、おすすめはしませんが、毎日パッチを貼るなど、効果が途切れないような使用方法が必要になるかもしれません。

http://www.cyzowoman.com/2018/03/post_178318_1.html

 

要するに、
ヒアルロン酸パッチでは半日ほどでヒアルロン酸が抜けてしまう。
その半日は効果があるが、すぐにもとに戻ってしまう。

 

という事ですね。
これはヒアルロン酸パッチ特有の特徴ですので、ブライトピュア インパッチもこれは同じだと思います。

 

ただ違うのは、一般的なヒアルロン酸パッチが「シワ消し」を謳っているのに対し、ブライトピュアインパッチは「シミ消し」のための商品だと言うことです。

 

シワ消しならば、肌にヒアルロン酸が溜まっている間しか効果がありません。
しかし、シミ消しの場合は、そもそも即効性を期待していないのです。

 

肌の生まれ変わりが最も進むのは睡眠中。
その睡眠中の間だけでも、お肌にヒアルロン酸を満たして細胞を元気にさせてあげることで、肌本来のメラニン排出機能によってシミを薄くするというのがブライトピュア インパッチの機能。
だから、何もヒアルロン酸注射のように数ヶ月も続いてくれなくても良いんです。
普段はビューティースキンクリームでケアしながら、週に一回のインパッチで寝ている間のスペシャルケア!

 

このような使い方が、ヒアルロン酸パッチの一番賢い使い方だと思います!

 

ブライトピュアは安心して使えるシミ消し

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
ブライトピュア ビューティースキンクリームの成分について、安全性についても自分で調べた限りでお伝えできればと思います。

 

ブライトピュアのビューティースキンクリームは、分類上は化粧品ではなく「医薬部外品」です。

 

医薬部外品というと、何となく効きそう・安全そうと思いますが、そうとも限りません。

 

「医薬品」というのは、全成分を厚生労働省が審査し、その効果・安全性を認められた商品です。

 

それに対し「医薬部外品」は、厚労省の個別審査を受けていません。
厚生労働省が審査しない代わりに、パッケージに全成分表示が義務付けられています。

 

つまり、医薬部外品というのは
「厚生労働省は個別審査しない代わりに、全成分表示するから消費者が自己責任で判断して」
という商品です。

 

だから、医薬部外品だからといって効く・安全とは限らないんですね。

 

ということで、ブライトピュア ビューティースキンクリームの全成分表示を見てみましょう。

 

ブライトピュア ビューティースキンクリーム全成分

【有効成分】
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
【その他成分】
BG、濃グリセリン、1,2−ペンタンジオール、ヒアルロン酸Na−2、ステアロイルフィトスフィンゴシン、アセチルチロシン、牡丹エキス、カッコンエキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、カンゾウ葉エキス、水解コラーゲン末、アーティチョークエキス、ヒメフウロエキス、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、パルミチン酸イソプロピル、エチルヘキサン酸セチル、軽質流動イソパラフィン、ポリアクリルアミド、POE(7)ラウリルエーテル、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、香料、精製水

 

ブライトピュア ビューティースキンクリームがシミを消す仕組み

ブライトピュア ビューティースキンクリームの使用感についての項でも触れましたが、ブライトピュアの有効成分は
・水溶性プラセンタエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
この2つ

 

この2つの成分の効果は、あくまでも
・肌の炎症を抑える
・肌細胞の生まれ変わりを促進する

 

などの効果であって、シミのもとになる「メラニン色素を分解する」というような効果はメインではありません。

 

ブライトピュア ビューティースキンクリームは、肌の細胞を元気にして正常なターンオーバーを促し、
・肌の生まれ変わりによって溜まったメラニンも排出させる、
・炎症を抑えてあらたなメラニン色素を作らせない

 

といった働きで、シミを消して美白していきます。
よって、シミ消しに関してそこまでの即刻性は期待できません。

 

そのかわり、
とても安全性が高く、シミだけでなくて肌の全般的なアンチエイジングを期待できる
というメリットがあります!

 

ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,

強力な美白は副作用も強力

肌のシミを消す美白化粧品の成分としては、もっと強力なものもたくさんあります。

 

代表的なのが、「肌の漂白剤」とも言われるハイドロキノン
他にも、アルブチン、レチノールなどの成分は「メラニン色素を分解する」効果が科学的にも認められています。

 

だから、これらの成分を使えば、溜まったメラニン色素を分解してシミを消すことは出来ます。
しかし、強力な美白は副作用も強力

 

最近、ニュースでも目にするカネボウの白斑事件はその象徴です。
ブライトピュア,口コミ,インパッチビューティースキンクリーム,
https://www.kanebo-cosmetics.jp/information/correspondence/

 

白斑とは、肌に白い斑点がポツポツとできてしまう症状。
カネボウが開発した美白成分「ロドデノール」は、メラニン色素を分解する作用が強すぎて、肌の色素がまるごと抜け落ち、白く変色してしまったのです。

 

カネボウの発表によれば、白斑の症状を確認した人は19,593人!

 

このように、強力な美白化粧品は思わぬ副作用を起こすこともあります。

 

ブライトピュアは「メラニン色素を分解する」というような強力な美白ではなく、あくまでも

 

「肌を健康にして不要なメラニン色素だけを排出する」

 

という、人間の本来の力によってシミをなくして肌を綺麗にするという美白化粧品です!

 

だから、安心・安全に使えて、肌全体が若返っていくのがブライトピュアなんですね!